身長伸ばす方法を伝授|カギとなる栄養素を摂取する

痩せるための栄養素

ドラッグ

乳酸菌は、ダイエットに効果のある栄養素として注目されつつあります。そもそも乳酸菌は、腸内環境を良くする効果がある成分として認知されています。ダイエット効果がある理由は、乳酸菌が活発に働く事でエネルギー消費が高まるからです。乳酸菌で腸内環境が良くなるので、腸で食物を消費する際に多くのエネルギーが使われます。摂取した食物の10%から20%のエネルギーが消費されるので、無駄な脂肪が付き難くなります。それと、乳酸菌には、血行を良くして脂肪代謝を改善する効果も期待できます。腸内環境が悪いと、アンモニアなどの毒素が血中に運ばれていきます。それで、肝臓に負荷をかけるので脂肪代謝の邪魔となります。しかし、乳酸菌を摂れば、スムーズに体内の脂肪が代謝されて太り難くなります。腐敗物が血液へ溶け出すと血行が悪くなり、消化、吸収の機能も低下し基礎代謝が悪くなってしまいます。

乳酸菌は、ヨーグルトや牛乳等の乳製品に多く含まれています。確実に腸内に届けるには、ただ食べればいいと言うわけではないです。乳製品を食べる際は、いくつか工夫をする必要があります。まず、胃の中にある程度食べ物がある状態で、乳製品を食べたほうが良いです。というのも、乳酸菌は腸に届くまでに胃の酸などで死滅する恐れがあるからです。よって、空腹時に食べると胃液をまともに食らい、乳酸菌が十分に腸に届かないです。お腹に食べ物が残っている時に摂取すると、胃液の影響を受けることがないです。それと、野菜や果物等の食物繊維を多く含んだ食材も一緒に摂ることをお勧めします。というのも、食物繊維は腸内で善玉菌を増やして乳酸菌を作り出す役割があるからです。なので、ヨーグルト等にリンゴ等の果物を混ぜて食べると良いです。